• 糸満の365日をみんなで考え・カタチにする、

    糸満の10年後の365日を考えるクリエイティブチーム

    糸満365

  • ABOUT

    「糸満の365日をみんなで考え、カタチにする」「糸満の10年後の365日を考える」。

    糸満365は、そんな想いを込めてまちづくりを行うクリエイティブチームです。
    “過去”から学び、“今”と“未来”をみんなで創っていく。

    それを実践する地域プラットフォームとして、地域交流の場づくりや糸満資源を活用した企画・運営を行っています。

    新たなコラボレーションも随時募集、大歓迎です。
    ゆんたくしながら、食べながら、体験しながら、気軽にまちづくりに参加してみませんか?

    海人文化の発信

    海人のまちとして古い歴史をもつ糸満市。

    サバニ(帆掛舟)体験や勉強会を通じて、子どもたちから大人まで糸満の文化について学びを深め次世代につないでいく取り組みをしています。

    【事例】

    ・糸満海育祭

    ・サバニ修繕プロジェクト

    ・白浜節大会

    ・糸満ニービチ(糸満結婚式)

    糸満食文化の発信

    海人のまち糸満ならではの、海産物の体験イベントなどを企画実施しています。全国水揚げ一位の「セーイカ」を市民に楽しんでもらうイベントなど。

    【事例】

    ・日本一のセーイカ祭り

    ・糸満あんまー定食

    ・いとまん豆腐作り体験

    ・いただきます食堂

    教育・福祉事業

    市内の福祉課題を関係者と一緒に考え、解決していく場を企画運営しています。
    課題解決に向けた、市民の当事者意識を高めていくことを目指しています。

    【事例】

    ・ケアカフェ

    ・健康力アップ推進事業

  • Activities

    - 活動実績 -

    December 27, 2017
    糸満大忘年会の練習・・? 2017年のこり僅か。 糸満は月の満ち欠けによる時の刻みのため、正月はもう少し先となる。 よって忘年会はまだ早い。ということで忘年会の練習をしました。 何事も練習が...
    【みんなで作った朝食でいただきます!】 地域の方と「いただきます!」をする。 ただ、それだけを大切にすることを目的としているいただきます食堂。 今回は初の朝食版! せっかくの朝なので、 ラジ...
    March 4, 2017 · 糸満文化,海人文化,糸満まちおこし
    白浜節を知っていますか? 白浜節は糸満を舞台にした沖縄の民謡です。 糸満の海岸に捨てられた赤子を漁師が助け我が子として育てたものの、その後漁師の息子がその娘に恋をするという、義理兄妹の恋がテ...
    More Posts
  • Wanted!

    ワクワクすることをたくさん考えています!一緒に取り組んでくれる方募集中!

    糸満の海にもぐったり・・?!

    海人(うみんちゅ)キャンプ

    糸満の醍醐味を全身で体験!

    海人キャンプとは、「道具をつくる」「魚を獲る」「魚を売る」「魚を食べる」技術や視点をキャンプ体験の中に落とし込み、海人のライフスタイルから生きる力を学ぶ。

    <<キャンププログラム案>>

    (1) 道具をつくる
    ・ミーカガンづくり(伝統的な水中メガネ)
    ・ロープワークを活用したキャンプ地づくり

    (2) 魚を獲る
    ・伝統漁法アギヤー(追い込み漁)
    ・その他 磯での食糧確保

    (3)魚を売る
    ・魚や魚介類の価値や特徴を知り、チーム毎にトレードをする

    (4)魚を食べる」
    ・伝統的料理、糸満ライフスタイル料理、魚介BBQ

    【募集】

    ・海人キャンププログラムの企画運営をしたい方

    ・海人技術の指導をしてくれる方

    代表自慢のキッチンカー

    移動市(いどういち)

    わたしたちのキッチンカーを楽しく使ってくれる企画募集!

    キッチンカーを中心に、コミュニティが形成されるような市(いち)を展開したいと考えています。自分の手料理や野菜を売って歩いてみたい方!私達のキッチンカーを活用してみませんか。

    【募集】

    ・継続的に野菜等の販売をしたい方

    ・食堂をしてみたい方

    シェアキッチン+イベントスペース併設のゲストハウス

    ”皆”が集う場をつくりたい!

    糸満市内外の人や海外の人が交流し、新たな価値を生み出せるコミュニティスペースとしてゲストハウスを構想しています。

    【募集】

    ・ゲストハウス(簡易宿所)として借りられる物件
    ・一緒に企画運営したい方

  • Members

    上原 達彦

    糸満365代表

    1982年生まれ糸満市出身。筑波大学卒業後、青年海外協力隊としてモンゴルに赴任。現地プロリーグに所属しながら国立体育大学でバスケットボール講師として活動し、09年帰沖。

    バスケットボール教室Hoop Champru、ゾヒョール合同会社の経営を経て、まちづくりクリエイティブチーム糸満365を設立。地域の人が集い、語り合い、想いをカタチにしていく場づくりの協働実践者。

    キャッチコピーは「共奏」。

     

    森田 直広

    理事

    1983年8月30日、A型、東京都出身、顔の濃さ:濃い
    嵐の松潤と同じ日に同じ血で、同じ場所で近しい顔で生まれる。糸満の歴史や文化、人、自然に惚れ込み、糸満での暮らし方を模索したく、糸満365を代表の上原達彦と立ち上げる。BUG LIFE(バグ・ライフ)という屋号で人生に誤作動を与えるサービスを日々考え実行している。

    上原 成未

    理事

    1984年糸満で生まれ、育った典型的ないちまんちゅ。血液型はO型。

    病院の管理栄養士として働く中、地域の方々へ健やかさ幸せを届けるためには、より地域に近い管理栄養士になりたいと思うようになる。
    生まれ育った大好きな糸満で活動したいと思う中、糸満365の上原達彦・森田直広と出会い、共感と感動を得て、糸満365に参画。糸満にすでにある「自然・文化・ひと」の豊かな恵みを活かして、たくさんの方々に健幸をお届けする活動を展開している。

    大城 夢河

    デザイナー

    1986年生まれ。大阪外国語大学卒業後、コンサルティング会社にて人事コンサルティング業務に従事。その中で会社ブランディングに関心を持ち2015年よりグラフィックデザイナーへ転身。

    2016年より地域と都市部をむすび、新しい移住のかたちを提案するライフスタイルショップ「nirai-kanai(東京・自由が丘)」のプロジェクト責任者として、店舗オープン及び企画運営に携わる。

    糸満365では広報を担当。

  • Who made it? カレンダー

    誰もが店主になれるシェアキッチン、イベント、交流の場として好評運営中!

    来たらきっと素敵な出会いがある♪

    ご利用の相談は糸満365までお問合せください。

  • Contact Us!!

    イベント企画、プロジェクトの相談、コラボ提案などお待ちしています!

    All Posts
    ×