Return to site

白浜節大会(プレ)を実施します!

糸満・海のふるさと公園にある「白浜節」の歌碑。白浜節の唄・演奏・ストーリーを楽しみ、今後の糸満に伝わる伝統の唄「白浜節」の活かし方を考える。

· 糸満文化,海人文化,糸満まちおこし

白浜節を知っていますか?

白浜節は糸満を舞台にした沖縄の民謡です。
糸満の海岸に捨てられた赤子を漁師が助け我が子として育てたものの、その後漁師の息子がその娘に恋をするという、義理兄妹の恋がテーマ。

糸満方言による切なくも美しい恋のささやきが、男女のデュエットソング形式で歌われているロマンチックな民謡です。

海人の気性から言葉遣いが荒いと言われがちな糸満方言ですが(笑)、三線に乗せてつむがれる歌詞にはまた違う印象をうけるはず。

糸満だから白浜節の民謡大会をやろう!

そんな白浜節の民謡大会をハマスーキ・観光協会・民謡好きの方々とカタチにしていこうと活動をはじめました。

先日はハマスーキさん、糸満観光協会さんと一緒にまずは「浜に咲く花」を鑑賞しました。
この中のワンシーンに白浜節が使われています。

民謡大会実施に向け、3月に鑑賞会を実施します。

プレ大会として「白浜節」の歌碑の前で「白節」の合奏合唱を行い、海人工房資料館にて「浜に咲く花」のDVD鑑賞を行います。

「白浜節」の世界に浸った後には、参加者みんなで座談会も実施。

糸満人も、白浜節に惹かれた方も、とにかく興味ある方も、こぞってご参加ください。

【実施概要】

主催:白浜節を想う有志の会

協力:糸満365

日時:3月4日 10:00~

場所:海のふるさと公園

申込:糸満365までお問合わせください

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly